主婦の私でも借りれるの?

主婦がお金を借りるならこちら

 

主婦にとっては毎月の家計の管理って大変ですよね。

 

旦那は頑張って働いてくれてるのは分かるけど、将来のために貯金もしないといけないです。

 

 

外で働いている旦那は何かに理由をつけて飲んでるけど、そんなお金があるんだったら家計に回してもらいたいものです。

 

先日なんかボーナス前に、一週間くらいの急な出張が入って、お金ないから貸してほしいとか言われました。

 

仕方なく家計から出したけど、それじゃ家計のほうが足りなくなるのでどうしようかと思いました。

 

お金が足りないだなんて頑張っている旦那に言うこともできないし、私も頑張っている貯金は崩したくないです。

 

ボーナス前だから少しくらい借りてもいいかなと思ってカードローンを調べてみました。

 

主婦でも一定の収入があればお金を借りることができるんですね!

 

主婦がお金を借りる場合、原則安定した収入がある方という条件がありますよね。

 

安定した収入とは、パートやアルバイトでも大丈夫なので、特にフルタイムで働いてなくてもOKです。つまり主婦でも借りれるということです。

 

そういう商品であれば、夫に内緒でお金を借りることだって可能ですよね。

 

学生のアルバイトでもカードローンを申し込むことができる金融商品だってあります。

主婦がお金を借りるならこちら

主婦でも借りれるローン

 

プロミス

プロミスのレディースキャッシングは、申込から借入、そして返済まで、24時間365日OKなんですよ!

 

WEB契約なら即日融資してもらうも可能だし、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録すれば、なんと30日間無利息になるサービスまであります。

 

カードを持っているのは誰にも見られたくないですが、カードなしにすることもできるみたいです!

 

借入可能かは、簡単3秒診断で確かめることができます。

 

詳細はこちら

アコム

アコムは一番人気の大手消費者記入で、24時間365日申込めて、借入や返済もいつでもできます!

 

こちらも、返済期日として「35日ごと」を選べば、最大30日間無利息サービスを受けることができますよ。

 

借入可能か3秒診断で確かめることができます。

 

詳細はこちら

アイフル

プロミスやアコムは銀行グループですけど、アイフルは独立した老舗の大手消費者金融のようですね。

 

こちらも、最大30日間無利息サービスを受けることができます。

 

事前に融資可能か、1秒診断ができます。

 

詳細はこちら

 

主婦がお金を借りるなら

主婦としてのお金の悩み

主婦ですがお小遣いがなくて困っています

主婦の方って一般的にはお小遣いがあるのでしょうか?私が一番困っているのは、お小遣いがないことです。

 

毎日の食費とか生活必需品は、ギリギリでまわしていますが、自分が欲しいものが買えないのです。

 

洋服や小物類なら、「我慢して忘れる」という究極の方法を使っていますが、ママ友や学生時代の友人からランチに誘われたときに困ります。

 

ママ友はまだ皆さん同じような感じなので、安いところで食べたり、誰かのお家でランチしたり・・・とできますが、独身友人からの誘いが一番困ります。

 

独身の方って、ランチに1000円とか1500円とか普通に使えるんですよね。主婦からしたら、ありえない金額です。

 

そこで、私は、基本的には急なランチのお誘いは断ります。

 

そして、ある程度先に約束をしておいて、その日までにお小遣いをためます。具体的には、食費の操作です。

 

子供たちにはしっかりと栄養のあるものを食べさせたいので、夕飯はいつもどおりにします。

 

その分、一人で食べる昼食は、もやし大活用で、もやしスープ・もやしサラダ・もやしのお浸しなどで済ませます。

 

一袋20〜30円くらいですし、たっぷり食べると結構お腹がいっぱいになるのでオススメです。

 

で、浮いたお金でランチを楽しんでいます。

 

特別何もないのに出費増

お金に関して悩んでいることは、特別に何もなかったのにも関わらず、出費が増えてしまうことが多々あるということです。

 

家計簿をつけていて出費が多くなる月は、大抵、車検や大きなものの購入、冠婚葬祭など思い当たるものがありますが、時々、何事もなかったのにもかかわらず、出費の金額が大きい月が出てきてしまいます。

 

よくよく分析してみると、ガソリンの値上がりだったり、電気料金の値上がりだったり、節約してみたところでどうにもならない値上げの嵐によって引き起こされていることが分かります。

 

そのため、出費を少しでも予定内に収めるために、普段からしっかりニュースをチェックして物価の変動に興味を持つようにしています。

 

それから、まとめ買いできるものは底値になったときにできるだけ購入しておくことも大事になってきます。

 

それでも、やはり予定外の出費に陥ることもでてくるので、普段からの節約や貯金を心がけて、焦ることのないようにしていきたいと思っています。

 

生活費が足りず、独身時代の貯金を崩す

主婦にお金の悩みはつきません。毎月の旦那の給料から生活費、家賃、食費費、光熱費、子供にかかるお金、車の維持費等これらを差し引いても残りません。

 

独身時代に貯めていたお金を崩して生活費に当てていますが、急な出費もあるので大変です。

 

例えば、法事、葬式、結婚式、親戚の子供へお祝いごと、新築お祝い等これらの金額の出費は1件につき2万〜3万ぐらいの出費なのでそろそろ貯金も底をつきそうです。

 

パートに出て働きたいのですが、子供が小さい為、働くことも当分の間は不可能です。

 

私や旦那の両親は遠くに住んでいるので子守を頼める人がいません。

 

毎日、貯金がなくなったらとどうしようと不安で不安で仕方がありません。

 

同じ主婦でも、貧乏にはピンからキリまであるので比べても仕方がありませんがお金の事ばかり考えています。

 

私だけでなく、お金の悩みがある主婦は多いのです。

 

わずかですが貯金があるので、今の所はなんとか生活できていますが、私の貯金、旦那の貯金がなくなったらどうしようと夜になると不安で寝れません。

 

一つラッキーなのは、子供が1人だけといこう事です。

 

現在の子育て費用として小学校で692万円、中学校で466万円が必要です。

 

高校では私立、公立でどちらを選択するかにより金額が変わりますが、子供1人を大学卒業させるまでの必要な子育て費用は3000万円です。

 

旦那の年収は400万円でかなり低いです。

 

旦那も私もお金を使う方ではないのですが、無駄な購入はしていないのにお金が残りません。

 

400万円で家族3人が生活をしていくのには限度があります。

 

主婦がお金を借りるならこちら

 

主婦がお金を借りたいと思うとき

子供が出来て仕事を辞めてから・・・

妊娠発覚と同時に仕事を辞めました。

 

今考えたらもっと計画的に、手当が降りる期間までは在籍しようとか考えたら良かったと思います。

 

当時の私たちは、妊娠してまで働く必要ないという考え方でした。お金の面でもなんとかなるだろうと。甘いのですが…

 

私たち夫婦は当時共働きで、遊ぶお金も充分にあったし、節約や我慢なんてした事はありませんでした。

 

正直わたしが仕事を辞めるまでは、お金の事なんかほとんど考えた事がなかったと言っても過言ではないでしょう。

 

給料日前に苦しいなんて思った事はないし、自然に貯金もできていました。

 

しかし、仕事を辞めてから当たり前ですが収入は主人のみ。

 

貯金はすぐになくなり、私たちは節約生活を余儀なくされています。

 

なぜなら出産する病院もセレブ病院(ここはどうしても譲れなかった。近いし)、家賃はけっこうな額…。切実にお金が欲しい。

 

ネットオークションはもちろん、ネットでアンケートを答えたり、今まで簡単に稼いでいた1000円を稼ぐ大変さが分かった気がします。

 

今までは一番近い少し高めのスーパーで何でも買っていましたが、今では野菜は八百屋で、日用品はここでと比較的安い店で買うと決めて買い物する様にしています。100円ショップに言ったときは驚きでした!

 

スーパーで300円は越えていたものが100円で売っているのが当たり前!そのときは感激してついつい無駄遣いしてしまいました。

 

光熱費も節約できると知り、寒ければエアコンを付け、こたつに入り生活していましたが今はこたつだけ。寒ければ服を着る。そんな生活です。

 

昔の人はそうしてきたわけだし、地球温暖化等考えてエコなのかも知れない。

 

でも一度贅沢をしってしまった人間には正直キツいです。エコ活動をする事がキツいのではなく、貧乏ゆえにしていると言うのがキツい…。

 

もう一度働けるなら、働きたい!でも働けない・・・だから、主婦でも借りれるならお金借りたいです!!お金が欲しいです!!!

 

そしてお金に余裕ができたら、そのときはきっと気持ちに余裕もできているので自ら楽しんで節約生活、エコ生活ができると思います。

 

赤ちゃんが無事産まれて来たら、当たり前の事に感謝できる子供に育てたい、そう思っています。

 

毎月のやりくりでそりゃお金も借りたくなります

私は主婦として月々の生活のやりくりをしております。

 

昔からファッションには興味があり独身時代は服を買ったり、友人と旅行いったりと自由気ままに生きていましたが結婚して子供ができるとそうもいきません。

 

主人もそうですが、昨今の不景気で私たち家族にも影響がでておりお小遣いなんてものはほぼないに等しいです。

 

自分の老後のためや子供の教育費、学資保険など出費の話をするときりがありません。

 

しょうがないとはわかっていても、自分自身の中で我慢するとストレスに繋がり、ついつい主人に内緒で買い物をするために消費者金融に借りることも少なくはありません。

 

今は小額での借り入れしかしておりませんが、今後どんどん高額ならないように気をつけていこうと思います。

 

友人でストレスのあまり、お金を借り入れしすぎて返済できなくなりあげくのはてに夫にばれて離婚、なんてこともあったみたいなので借りるときはいつも計画的に借りるよう肝に銘じています。

 

主婦がお金を借りるならこちら